アシュフォードから

今度はロッテルダムに移住、それから・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひろりんのおしゃべり

ひろりん、ハルタビーのちっちゃいころよりよくしゃべります。
やっぱり周りでしゃべってる人が多いからなんだろうか…。


眞嫁の撮ったおしゃべり動画、アップしときます。





でもいつもカメラ向けると黙るんだよね。

スポンサーサイト
  1. 2011/02/10(木) 00:13:53|
  2. 成長記 ~3ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひろりん御披露目

クリスマスプレゼントにもらった新しいポータブルカメラでひろりんを撮ってみた。

HDクオリティで撮ってみたら映像が重すぎてPCじゃまともに動かないというのが分かった。
でもやっぱり画はきれいな感じがするなあ。





ワイドな分、ブログ幅にその幅をあわせると結局今までより高さが減っちゃって表示画面は小さくなっちゃった。

とりあえずアップしてみます。

  1. 2011/01/16(日) 02:50:23|
  2. 成長記 ~3ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

君達兄弟だね?

ハルタビーによく似てるね!というお声を多数頂いたので本当に似てるか、並べてみました。



いやもちろん父親の私も似てるな、とは思ってたんだけど感覚なんて得てして主観に左右されやすいもの。

果たして本当に似てるかの検証をば。



【検証1】








【検証2】






結論: やっぱ兄弟だ!


こりゃあ、将来うるさくなりそうだ…。
  1. 2010/11/29(月) 23:29:10|
  2. 成長記 ~3ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紹介します。

例の“我が家で産まれた”次男坊を紹介します。








ハルタビーの弟、「ひろりん」です。




我々の旅路に…




ひろりんが仲間にくわわった!!!




念願の4人パーティとなりました。


さあ、これからレベルが上がっていくのが…もとい、成長が楽しみです。


P.S.
DQV終了。終了後の隠しボスとの対戦はまだだけど、なんかもう面倒w

  1. 2010/11/29(月) 17:07:31|
  2. 成長記 ~3ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

事の顛末

ツイッターでつぶやきましたが、11月22日(月)無事に次男を授かりました。
長男のときに続くスーパー安産、病院に行くのが間に合わず自宅のベッドで出産。
前夜から激しい腰痛でしんどい、とは聞いてたけどあれも陣痛の一種だったのか!?

怒涛の月曜朝の顛末をまとめておこうと思う。

月曜朝、いつも通りに8時20分に自宅を出発。
ちょうどそのとき「おしるし」があった、と聞いたのでじゃあ今日か明日かな~、と。
そもそも陣痛が始まってから軽い人でも数時間掛かるわけだから、それを聞いても普通に出勤。

眞出勤のあと、痛みも激しくなったみたいだけどまだまだ陣痛というようなものじゃあなさそうな感じだった、ということでベッドで横になってたらしい。


以降は携帯の通話履歴を見ながら記録。

9時35分、携帯に新嫁母から連絡あり。
「もう陣痛が3分間隔になっとるって。産まれそうゆうとるけん急いで帰ってきて。」

9時39分
眞嫁母から再度連絡、眞は車に乗るところ。
「もう出るとこ?産まれそうじゃけはよう帰ってきて。救急車呼んでもらおうか思うたけどもう出るとこじゃったら大丈夫かね。」

9時43分
眞が家に電話。
「家についたらすぐ乗せて病院行くけん、荷物とか全部玄関に出しといて。」

9時44分
眞嫁母から電話。
「眞ちゃん、もう頭が出とる!救急車呼んで!」

9時45分
車から999にコール、救急車を要請。
頭が出てる状況、住所と、自宅には英語×な義母しかいないことを説明。なんか説明にいやに長く時間を取られた感じがしたなあ…。
救急車出動、一方ですぐに処置が必要かもしれないので日本語を話せる人から自宅に連絡させる、とのこと。

9時49分
家(新嫁携帯)に電話、眞嫁が電話に出る。
「産まれた…。」えぇ~。電話越しに産声。
救急車が向かってること、日本語で家に電話が掛かってくることを伝える。
この時点で眞はハットンクロス前A30を爆走中。

9時53分ぐらい
自宅到着、玄関のドアを開けてハルタビーを抱いて電話してる新嫁母を発見。
電話は英語だった!電話を代わって話しかけた瞬間、救急車が視界に。
その旨伝えると、じゃああとは救急隊員に任せます、ということで電話切る。
救急隊員を呼び入れて2階に案内、眞もこのときはじめて眞嫁に対面。


で、この後は女性の救急隊員にへその緒を切ってもらって診療を受け、母子ともになんの問題もないということでホッ。
男性の救急隊員が病院に電話してくれて助産婦さんを要請、助産婦さんが到着する1時間後ぐらいまで付き添ってくれました。

赤ん坊を取り上げたのは新嫁母、下着を取った時点でもう頭が出てるのを見て「こりゃいけん、死んどる」と思ったそうな。
ハルタビーのときはその立場は俺、顔が紫色で俺もそう思ったなあ。
そのあとのいきみですぐに全身が出て、元気に産声を上げたのを聞いて安心。
そこらにあるバスタオルで新生児を包んで、その矢先(というか取り込み中も頻繁に鳴ってたと思う)に電話がなり日本語の電話だと思って急いで出たら英語だった。
途端、眞と救急車が相次いで到着、といった顛末だったらしい。

後に到着した助産婦さんの診療でも異常なし、ということで結局病院にも行かずにすむことに。

結果オーライだったけど、9時35分からの1時間にいろんなことが凝縮されて、ほんとこのスピードは想定外だった。
なんという安産!
しかし逆に考えるとこのタイミングで産まれて良かったかも。
も少し遅れてたら車に乗せて病院に向かうところだった。移動中の車内出産ってことになっちゃってたかも。

へその緒を切って一通り母子のチェックを済ませた後はもう救急隊員の二人もリラックス&祝福モードでニコニコ。
それにまた安心させられた。

「きゅうきゅうきゅう!」とリアル救急車に興奮してたハルタビーは、助産婦さんが到着して救急車が帰るとき、救急車の後ろに乗せてもらいました!
救急車とパトカーと消防車のおもちゃを3台ベッドに並べて寝るハルタビーにはいい思い出になったんじゃないかな。
将来、救急隊員になったりして。

なにより今回は新嫁と新嫁母、その間いい子にしてたハルタビーのおかげで無事出産。
ありがとう!&お疲れ様でした!

俺は何も出来なかったなぁ~。


こんなわけで無事に4人家族になりました。
皆さま、おめでとうメッセージありがとう!そしてマチコ次郎をよろしくです。
写真はもうちょっと待ってね~。

  1. 2010/11/25(木) 21:55:35|
  2. 成長記 ~3ヶ月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のつぶやき

Twitter ブログパーツ

プロフィール

モロ子眞太郎&眞嫁

Author:モロ子眞太郎&眞嫁
1999年に転職で渡英。
長くいるつもりは無かったのになぜか在英12年。
職場ヒースロー空港の近くのアシュフォードに住んで8年。日本人は少ないけどいいところ。
2008年8月に待望の長男誕生、続いて2010年11月に次男誕生。
親バカな毎日でしたがここで何を思ったか、今度はオランダ・ロッテルダムに職を見つけて転職。
2011年7月からロッテルダム在住。

最近の記事

最近のコメント

義弟が俳優やってます





月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。