アシュフォードから

今度はロッテルダムに移住、それから・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイ編~ワット・プラケオ

タイの続きです。



こちらがワット・プラケオ。タイという国自体のご本尊を祀ってあるお寺。
もちろん観光地化しているんですが地元の人は入場無料。
お寺ですからね、敬虔な仏教徒の多いタイですから国中から参拝に集まってきているようです。そして祈る。



日本では初詣ぐらいでしか見ない光景じゃないですかね。
平日であるにも関わらずこれだけの人が参拝に訪れているというのに驚かされました。
今住んでいるイギリスも含め、今まで旅行先はキリスト教国が多かったので仏教国というのは非常に新鮮でした。

さて、お寺ですが金色の塗装が鮮やか。
タイの強い陽射しに輝いていました。こういう色使いにしても日本のお寺とは別物。宗教自体でも同じ仏教とは言え、上座部仏教??だったかな、の流れを汲むそうで歴史的に日本のものとはかなり前に系統が分かれているそうです。

そしてこの派手なお寺に祀られているご本尊がこちら。



なんとエメラルドで出来たご本尊!
境内は撮影禁止だったので外から撮ったのですが、やっぱりちょっと小さい。。。
服を着ているのでエメラルドの輝き自体はよく見えないのですが、緑っぽいというのは分かるかな。

タイ人はご本尊に祈る。
そして観光客は…写真、写真!
みんな撮ってます。



そしてその本堂をぐるりと取り囲んでいるのがこの鳥だかよく分からないものたち。
すべて金色。



この金色というのは何か宗教上意味があるのかな。
お寺関係ではいろんなところで装飾に使われていました。

日本の侘び寂びのお寺とは大分趣向が違います。
香港とかのお寺も派手なイメージがあるし、むしろ日本の文化のほうが少数派なのかも。

ワット・プラケオ、金のお寺に陽射しが反射して暑かったけど一見の価値はありました。バンコクに来たらはずせない場所のひとつです。


人気ブログランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/02/03(金) 09:13:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イギリスの携帯 | ホーム | バンコクの乗り物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashford0403.blog116.fc2.com/tb.php/157-67046a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のつぶやき

Twitter ブログパーツ

プロフィール

モロ子眞太郎&眞嫁

Author:モロ子眞太郎&眞嫁
1999年に転職で渡英。
長くいるつもりは無かったのになぜか在英12年。
職場ヒースロー空港の近くのアシュフォードに住んで8年。日本人は少ないけどいいところ。
2008年8月に待望の長男誕生、続いて2010年11月に次男誕生。
親バカな毎日でしたがここで何を思ったか、今度はオランダ・ロッテルダムに職を見つけて転職。
2011年7月からロッテルダム在住。

最近の記事

最近のコメント

義弟が俳優やってます





月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。