アシュフォードから

今度はロッテルダムに移住、それから・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カンタベリー大聖堂 part.3

Part1, Part2 に続いてカンタベリー大聖堂です。
Part3では内部の彫刻とステンドグラスにスポット。

中に入ってまず目を引くのはホールの大きさ・広さ・天井の高さでしたが、そのホールをとりまく内壁はすべて彫刻とステンドグラスで装飾されています。





こんなのがあちこちにあるとそれはもう豪華絢爛・・・なはず。。。なのですがどうもそういう気がしない。
それぞれに宗教的な意味があり、聖書の一節であったり、また歴史的な戴冠のシーンであったりするわけですが、それがなにかこう、宗教的なものであるからかな?

豪華絢爛とは例えば姫路城とか大阪城とかそういう日本の建築にあてはまるような気がするなあ。。。

こっちの中世建築ももちろんときの権力者が相当な金を掛けて作り上げているんでしょうが、なにかしんみりした感じがします。

↓ステンドグラスも同じく。





・・・やっぱ宗教色かな。

今まではステンドグラスの細部に目を凝らしたことなど無かったのですが、なぜか今回はそういうところに目が行き、ひとつひとつのシーンを見てしまいました。

美術館と違って、人物が誰でどういうシーン、というのがさっぱりわからん。
う~む、これを理解するにはかなり奥深いキリスト教への理解が必要なようです。

カンタベリーへはロンドンから車だと1時間ぐらいで行けます。
街の中心にこの大聖堂が鎮座しており、たしかここのクリスマスのミサにエリザベス女王やブレア首相も出席するんじゃなかったかな。
定かではないですが、なんせそういう「イギリス国教会の総本山」というところです。

ロンドンから車で約1時間。
一見の価値はあると思います。

ブログランキング、今日も一票お願いします!
↓ぽちっ!
人気ブログランキング
スポンサーサイト
  1. 2005/12/07(水) 09:31:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<英国高級紳士靴はノーザンプトンで買う編 その1 | ホーム | Xマスパーティーで着物を着た!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashford0403.blog116.fc2.com/tb.php/189-9e08f317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のつぶやき

Twitter ブログパーツ

プロフィール

モロ子眞太郎&眞嫁

Author:モロ子眞太郎&眞嫁
1999年に転職で渡英。
長くいるつもりは無かったのになぜか在英12年。
職場ヒースロー空港の近くのアシュフォードに住んで8年。日本人は少ないけどいいところ。
2008年8月に待望の長男誕生、続いて2010年11月に次男誕生。
親バカな毎日でしたがここで何を思ったか、今度はオランダ・ロッテルダムに職を見つけて転職。
2011年7月からロッテルダム在住。

最近の記事

最近のコメント

義弟が俳優やってます





月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。