アシュフォードから

今度はロッテルダムに移住、それから・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イギリスの車事情

イギリスに限らずヨーロッパの国々はそうですが、その都市が車の誕生よりずっと以前に造られたため、大体車は路上駐車されていることが多いです。

ただどこでもOK!としてしまうと無法地帯になってしまうため、すべての道路の脇には線が引いてあり、黄色線(平日8:00~17:30までは駐車禁止)赤線(駐車禁止)と決まっています。なので線が引いてないところはいつでもいつまででも停めていてOK。
住民のみ、の路上駐車エリアとか細かい決まりはいろいろありますが、それもすべて道路脇のポールに必ず書いてあるので非常に分かりやすいです。

そんな英国で日本と違うのがこれ。

路上駐車

停めれるとあらば、車線は関係なし。イギリスは日本と同じ左側通行ですが右側に空いてりゃそのまま反対車線にぴたりと停めます。
結果↑こうなる。慣れりゃなんてことはないんだけど、日本だったらひんしゅくもんでしょうねぇ。
慣れてしまった俺には、日本のやり方のほうがなんで?って感じもしますが。

そしてイギリス人は古い車を非常に大事にします。
ピカピカ、エンジンの手入れもきっちりやって大事に大事に乗るのです。
このボルボは何年式かな、たぶん30年ぐらいは前だと思うけど。

Volvo

そしてある一方ではフロントの下を擦ってもなんとも思わない。。。

Peugeot407

この車、まだ去年の終わりぐらいに発売されたばっかりの新車なんですけど。
古いものを大事に、新しいものは手荒に扱う。ん~、なんか筋が通っているような、いないような。
日本人の感覚じゃあないことだけは確かです。
スポンサーサイト
  1. 2005/03/26(土) 20:57:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガーデニング | ホーム | クリフトンサスペンションブリッジ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashford0403.blog116.fc2.com/tb.php/247-d6ce5dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のつぶやき

Twitter ブログパーツ

プロフィール

モロ子眞太郎&眞嫁

Author:モロ子眞太郎&眞嫁
1999年に転職で渡英。
長くいるつもりは無かったのになぜか在英12年。
職場ヒースロー空港の近くのアシュフォードに住んで8年。日本人は少ないけどいいところ。
2008年8月に待望の長男誕生、続いて2010年11月に次男誕生。
親バカな毎日でしたがここで何を思ったか、今度はオランダ・ロッテルダムに職を見つけて転職。
2011年7月からロッテルダム在住。

最近の記事

最近のコメント

義弟が俳優やってます





月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。