アシュフォードから

今度はロッテルダムに移住、それから・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒトリ旅(+1)~ローマ~後編

1泊2日のローマ、2日目。
ホテルで朝飯食ったあと9時過ぎにチェックアウト。
ホテルはまあ良くもなく悪くもなく…往復と一泊で£162.00だったらこんなもんでしょう。朝食込みならむしろ安い。
円貨にしてみると約19800円!更にお得感UP。別に意味無いケド。

昨日歩きまわったので少しでも公共交通機関を使ってみよう、とテルミニ駅から地下鉄を利用。
二駅先のコロッセオへ。
コロッセオの大きさにまた感動するも、今日はその隣の古代遺跡群「フォロロマーノ」を抜けて「真実の口」へ!

コロッセオとフォロ・ロマーノ


ところが、フォロロマーノ内で迷う。。。

フォロロマーノ内へは入場料金を払わないと入れないようで通り抜けようとする先々でExit Onlyの柵。

結局またコロッセオ前まで戻ってぐるりと道沿いに回って真実の口広場へ。

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会


あの教会の中に「真実の口」が!


列にならんでお決まりの記念写真。

真実の口



「真実の口」終了。手は無事でした^^


このあとは「パンテオン」へ。

いいかげん足が疲れてバス停からバスに乗ろうとするも運ちゃんに英語が通じず、バス停の表示の宛先もどこなのかさっぱりわからず断念。


頑張って歩いてパンテオンに到着。


パンテオン


1900年ぐらい前の建物なのに中に入ってみてその精巧さにびっくり。
壁の模様とかの規則的な並び方、ドーム中央の明かり取りの穴の形。。。ぱっと見、1900年代になって建て返られたのかと思うぐらい。一見の価値あり。


ここでそろそろお昼。

すぐ近くのナヴォーナ広場へ。

ナヴォーナ広場


広場のまわりにはテラス席を出したレストランがずらり。
そしてお決まりの日本語での客引き。

ん~、こういうのは高いばっかりでそんなに美味しいわけじゃないんだよな~、と躊躇するも近場にめぼしいお食事処の情報はなし。

午後のヴァチカンの時間が押すのも嫌だったのでその一軒に入る。

注文したのはペペロンチーノとラザニア。

フツーのランチ


まあ…悪かないけど、良くもない。
予想通りのお味。

昨日のお店が安い上に種類が多かったからなあ~、まあでも観光客向けの店ならこんなもんか。
テラス席しかなかったから夜はやってないような店なのかも。


気を取り直していざヴァチカンへ!

サンタンジェロ城


サンタンジェロ城。

サン・ピエトロ寺院

サン・ピエトロ寺院。

大聖堂内部

大聖堂内部

大聖堂内部。

サン・ピエトロ広場

サン・ピエトロ広場。


サンタンジェロ城からまっすぐサン・ピエトロ広場へ。
ヴァチカン市国という独立国だけど、イタリアから入るのにパスポートも何も必要無いのね。
国境がどこにあるかさえ分からなかったぞ。
ただ警官の制服がイタリアとは違ったのでたぶんここは違う国なんだろう、という感じ。

そして、サン・ピエトロ大聖堂。
カンタベリー大聖堂とかヨーク大聖堂と比べてもケタ違いにデカい。
オーディオガイドで世界最大と言ってた。
この中にはミケランジェロのピエタ像が安置。
他にも彫刻・絵画が多数。ぐるりと聖堂内を見て回るだけで・・・たぶん1時間は掛かってる。


そしてこのあとは今回のメイン、ヴァチカン美術館へ。


ところが・・・行ってみると日曜は休みだった~!!!
ちゃんと本にも書いてあるし!しまった~!
昨日行っとくんだった。。。残念。

空港に向かうまでの時間をずっとこの美術館で過ごす予定だったのに、いきなり予定がぽっかり。

近所のカフェでカプチーノとパニーニで休憩。

アンティークショップ街ってのがあるからどうせ閉まってるだろうけどその辺りでも行ってみるか、とぶらぶら。

行ったらやっぱり店は閉まってた。

が、通りの雰囲気が何か良かった。

イタリアの小さな車

ローマ旧市街は道が狭い。小さな車がいっぱい。スマート率高し。

アルファ159

アルファロメオ159。さすがイタリアに合う。

夕暮れ

さて、暗くなってきたしそろそろ駅に向かおうか、と歩くが。やっぱり今日も一日歩き通しで足が疲れた。
バス~、バスに乗ろう、とバス停を見つける。
今回は行き先が分かる、テルミニ駅行きのバス。
あれ、でも車内でチケット買えない!
バスチケットはタバコ屋とかで売ってる、と。
また歩いてタバコ屋を探すもみんな閉まってるし!

テルミニ駅方面にタバコ屋を探して歩いてもう半分ぐらいのところまで来てやっとタバコ屋を発見。
1ユーロでチケットを買うも、今度はバスが走ってないし!

この道だろうバス通りは、と見込んだ道がどんどん細くなって結局バスには遭遇出来ず。
テルミニ駅まで歩いて、結局公共交通機関の利用は今朝のテルミニ⇔コロッセオ間のみ。
もうちょっと観光客に優しいシステムは無いのかね。

テルミニ駅から空港へ。
そして空港でチェックイン。

さあ無事に帰れる、と思ったら最後にもうひとつイタリアらしい出来事が。
帰りの便の出発時間が21:15。
20:30にX線検査を抜けてゲート方面に向かうと人だかりが。
出国審査の「EU以外のパスポート」に長蛇の列。いや列というかもう人でぎっしり。
フライトの出発時間がせまってる人たちが横の障害者レーンから先に抜けようとするイミグレ管理官は我関せずで通してもらえず。
行き場を失ったその人たちが元の列の先頭に横から入ろうとするのを阻止しようとする人たち。ていうかそんな人らが押し合いへし合いでわやくちゃ状態。
まるで正月の明治神宮。
一部の人が拍手を始めたりして管理官に抗議するも反応無し。
結局じりじりと45分掛けてその混雑の中を進んでやっと出国審査。パスポートをちらりと見ただけで、一瞬で通過。
なんでこんなに時間掛かったんだ!?

もう出発時間、走ってゲートへ。
21時発の東京向けJALの職員が「こっちですよ~!」と乗客を誘導中。
日本人もそうとうあの中にいたもんね。
ロンドン行きの飛行機はちゃんと待っててくれましたが、結局うちらともう一組の乗客が最後。乗ってる人たちの冷ややかな目。
出国審査に45分掛かるって異常や。。。

でもなんとか無事に帰路へ。
そうそう、ヒースローに着陸するとき、私の連れは3席使ってシートベルトせずに寝てたんですが、結局そのまま着陸。
いいのかよ、アリタリア。乗務員のチェック甘いわ~。

ヒースローに着陸すると大雪でした。
翌日の大雪の雪が降り出したところ。
この雪、もう一日早かったらロンドン行き欠航でローマ空港一泊だった。危ねー。

強行軍で駆け足ながらもそれなりに楽しめた旅行でした、ローマ!
ヴァチカン美術館はいずれまた行かねば!
トレヴィの泉で2ユーロコインを投げたから、いつの日かまた訪れることがある…はずです^^


スポンサーサイト
  1. 2009/02/07(土) 02:05:56|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガーキンをご存知? | ホーム | ヒトリ旅(+1)~ローマ~前編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashford0403.blog116.fc2.com/tb.php/366-c676fdbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のつぶやき

Twitter ブログパーツ

プロフィール

モロ子眞太郎&眞嫁

Author:モロ子眞太郎&眞嫁
1999年に転職で渡英。
長くいるつもりは無かったのになぜか在英12年。
職場ヒースロー空港の近くのアシュフォードに住んで8年。日本人は少ないけどいいところ。
2008年8月に待望の長男誕生、続いて2010年11月に次男誕生。
親バカな毎日でしたがここで何を思ったか、今度はオランダ・ロッテルダムに職を見つけて転職。
2011年7月からロッテルダム在住。

最近の記事

最近のコメント

義弟が俳優やってます





月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。