アシュフォードから

今度はロッテルダムに移住、それから・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PCトラブル

木曜から急にPCの調子が悪くなった。
仕事中に家から電話、「なんかリモートでPC動かそうとしてる?」
いや、なんもしてないんですが…。

なんでも突然PCがスイッチオン、しばらく後にオフ。またオン、オフの繰り返しだとか。
元電源を切らせておいてその日の夜に調子を見ていると、今度はPCを使ってる最中にいきなりのシャットダウン。
そしてその直後には同じオン・オフの症状。

えーっ、ウイルスとか…?

LANケーブルを抜いて見ても同じ。どうやら外からコントロールされているのではないらしい。

再度立ち上げてみると今度は大丈夫。
ウィルススキャンとスパイウェアスキャンをしてみるも、とくに異常は無し。
するとまたいきなりシャットダウン。

う~ん、一体???
CPUの熱暴走かと思い、電源を落としてとりあえずその日は放置。

翌日立ち上げてみると特に問題なし。
???

ネットで色々調べてみるとOSでもマザーボードの問題でもなく、電源ボタンの接触不良だったというケースが。

もしやこれかも、と思い、まず「コンピューターの電源を押した時」の設定を「シャットダウン」から「入力を求める」に変更。
そしたら突然シャットダウンの症状は無くなり、代わりに「スタート」→「終了オプション」を押した時の窓が出るようになった。
かつBIOS設定で電源ボタンを4秒続けて押さないと強制終了されないように設定を変更。

そしてPCケースを開けて電源ボタン周りのホコリを掃除。
これで大丈夫かな・・・


しばらくは大丈夫だったものの、夜になってまた症状が。

PC使用中に終了オプションの窓が立て続けに出てくる。シャットダウンはされないので良いものの、キャンセルで消しても連続で出てくるのでまともに使えず。
そうこうしているうちにいきなりブツッと落ちてしまった。

これは接触不良部がほぼ完全に逝ったかも。

立ち上げようとしてもオンになった直後にはオフになり、もはや立ち上がらず。常に電源ボタンを押しっぱなしの状態になってるらしい。

こりゃ電源ボタンがダメだな、と思い再度PCケースを開けて、今度はボタンを分解。

バラバラになった電源ボタン


なるほどこうなってるのね…でも部品が小さすぎてもうこりゃ直せそうにないわ。。。

しょうがないのでもう配線をぶっちぎって銅線をむきだしにして外した電源ボタン部から外に出す。

電源を入れるときはこの銅線同士を一瞬直結させることで解決!

むき出し配線


しかしカッコ悪いな~、これだけのためにPCケースを買い換えて中身を全部移し変えるのも大変やし、今度何か代わりになるスイッチを探して買ってこよう。

しかし、今回ばかりはなんかヤバイことになったのかと思ったよ。。。
インターネットバンキングとかが怖くて出来なかったもんな~。フタを開けてみると単純な問題で良かった良かった。

スポンサーサイト
  1. 2009/04/13(月) 00:42:23|
  2. イギリス生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<家モス | ホーム | 新しいお風呂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashford0403.blog116.fc2.com/tb.php/382-a6ab5fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のつぶやき

Twitter ブログパーツ

プロフィール

モロ子眞太郎&眞嫁

Author:モロ子眞太郎&眞嫁
1999年に転職で渡英。
長くいるつもりは無かったのになぜか在英12年。
職場ヒースロー空港の近くのアシュフォードに住んで8年。日本人は少ないけどいいところ。
2008年8月に待望の長男誕生、続いて2010年11月に次男誕生。
親バカな毎日でしたがここで何を思ったか、今度はオランダ・ロッテルダムに職を見つけて転職。
2011年7月からロッテルダム在住。

最近の記事

最近のコメント

義弟が俳優やってます





月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。