アシュフォードから

今度はロッテルダムに移住、それから・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若者のすべて…がこんな?

一年の予定で昨年の8月に日本の関係会社からやってきた研修生の佐藤君(仮名)27歳。

いよいよ明日帰国の途へ。




研修生という名目でイギリスへやって来て1年間。

「とにかく雑用でもなんでもさせてやってくれ。海外での生活を経験することだけでも充分将来に役立つはずだから!」

…と頼み込まれて研修生を受け入れたものの、ロジの会社だけに集荷配達荷積み荷降ろし梱包要員と化してしまった佐藤君。


現場ばっかりっちゅうのも何なんで、ちょっと専門的なことを教えてやろうかな、と思っても、

「あ、僕、そういうのわかんないんで。」
「将来、使うかもしれんだろう(怒)」
「その頃には会社辞めてますんで。」
「…。」
…ってな具合で教える気力すら萎えさせる佐藤君。

謙譲語・尊敬語、目上の人への言葉遣いと態度が滅茶苦茶な佐藤君。
(俺にご苦労さん、って言うなって。)

独身だけに日本食が恋しいだろうと思って家に呼び和食を出してやっても、嫌いなものには決して箸をつけない佐藤君。
(おかず半分以上、箸をつけずに残すなって。)

仕事で薬品工場へ行き、工場へ立ち入る際に抗菌帽子着用を求められると、髪型が崩れることを理由に拒否する佐藤君。
(お前は何しにここまで来たんだ?)

およそ想像つかない行動を示してくれる彼に、

「最近の若者はみんなこんななのか!?」

…と随分悩みましたよ、私も。



そんな彼の研修期間中の滞在費・アパート費・レンタカー費用・ガソリン代・英語学校の費用等々はすべて日本の会社持ち。

若手有望株と見られてるらしい。



その佐藤君が明日で帰国。

この一年が将来役に立つのかな~。
どうも会社の方針が間違ってるような気がするが…。
英語と海外生活経験者信仰が強すぎて。。。


まあでもこちらはこちらで、そろそろ若い人とのカルチャーギャップが出てきてもおかしくない年齢に差し掛かってるんかなあ、などと考えさせられた彼の研修でした。


そうそう相当な量の日本のDVD持って来てて。
「水曜どうでしょう」と「24シリーズ」は全部彼から借りました。
そういうところのセンスはギャップは無かったようです。

でもわざわざ英国まで来て、毎日日本のDVD観てるってどうよ。


とにかく一年間お疲れさん!
久々日本のテレビ番組に触れさせてくれてありがとう~。

スポンサーサイト
  1. 2007/07/24(火) 01:02:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐藤君帰国 | ホーム | メルセデスF1ボーイズCM>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashford0403.blog116.fc2.com/tb.php/42-7481d288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のつぶやき

Twitter ブログパーツ

プロフィール

モロ子眞太郎&眞嫁

Author:モロ子眞太郎&眞嫁
1999年に転職で渡英。
長くいるつもりは無かったのになぜか在英12年。
職場ヒースロー空港の近くのアシュフォードに住んで8年。日本人は少ないけどいいところ。
2008年8月に待望の長男誕生、続いて2010年11月に次男誕生。
親バカな毎日でしたがここで何を思ったか、今度はオランダ・ロッテルダムに職を見つけて転職。
2011年7月からロッテルダム在住。

最近の記事

最近のコメント

義弟が俳優やってます





月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。