アシュフォードから

今度はロッテルダムに移住、それから・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サンデーロースト

パリで外食関係に携わる友人が以前ロンドンにマーケット調査に来た時に行ったお店で、

「40 MEDCALF 40」
住所: 40 Exmounth Market, London EC1R 4QE

というお店があります。


その友人のコメントでは、
「前菜からメインまでどの料理も美味しかったです。全体としてはモダンブリティッシュですが特に厚切りのローストビーフは凄旨です」

業界人のこのコメントに引かれてずっと行きたい行きたいと思ってたんですが、うちからは遠いのもあってなかなか行けず。
今回、眞嫁の誕生日もあるしたまにはどこかにお出かけしてみよう、ということで友人も誘いサンデーローストに行ってきました。



予約しといたらちゃんと子供用ハイチェアも用意しておいてくれました。





で、そういう話だったので注文は一人を除いて全員ローストビーフに。

出てきたのはこいつです。







ここまでは期待度120%だったんですが、食べてみると…ん?なんかぬるいような気が…ローストビーフのほうが残念な事にちょっと冷め気味でした。
付け合せのほうが温かい。
ビーフを切ってから付け合せを盛り付けるのに時間が掛かった感じでした。
ん~、こんなもんなのかな?

味は良かっただけに残念。
ビーフは冷め気味だったものの、付け合せのインゲンやにんじんは茹で加減も最適。
例のイギリス人お得意のグダグダ煮にはなってませんでした。
ポテトも半分揚げてるのかよく分からないけど、外側がカリッとしてて旨かったです。
ただ量がハンパじゃなく・・・サイドオーダーでチップス&マヨを頼んだうちは明らかに頼みすぎ、おなか一杯でした。

これでビーフが適温だったら、文句無しだったんだけど…。
もうこのお店はいいや、という気持ちにはなりません。今度もう一回行って温かいローストビーフを食べてみたい!って感じです。
また行ってみようと思います。

子供達は途中から遊びモード。
天気がよくて他のお客は皆外のテーブルについていたので、お店の奥の広いスペースを貸切状態で使えたので、ハルタビーを遊ばせるのにも良かったです。ラッキー。







満腹な午後は、お店から歩いてすぐの公園へ。
意図してたわけじゃなかったんですが、子供用遊具と芝のオープンスペースのある公園がすぐ近くにあって、大人は芝に寝転がり、子供は遊具で遊びまくる午後でした。

天気良すぎて、日焼けしたみたい。
唇がぴりぴりします。


しかし子供達も同年代がいたらホント良く遊ぶね。
他愛も無い事が楽しくてしようがない様子です。


Img_4442.jpg



雲ひとつない青空、おまけに飛行機さえ一機も見えない(笑、どこに火山灰が舞ってるんだ?みたいな、天気に恵まれてゆっくり過ごせた日曜の午後でした。

スポンサーサイト
  1. 2010/04/21(水) 05:56:08|
  2. イギリス生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<はじめてズボンをはきました。 | ホーム | マンゴーラッシー by 眞嫁>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashford0403.blog116.fc2.com/tb.php/434-2266940a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のつぶやき

Twitter ブログパーツ

プロフィール

モロ子眞太郎&眞嫁

Author:モロ子眞太郎&眞嫁
1999年に転職で渡英。
長くいるつもりは無かったのになぜか在英12年。
職場ヒースロー空港の近くのアシュフォードに住んで8年。日本人は少ないけどいいところ。
2008年8月に待望の長男誕生、続いて2010年11月に次男誕生。
親バカな毎日でしたがここで何を思ったか、今度はオランダ・ロッテルダムに職を見つけて転職。
2011年7月からロッテルダム在住。

最近の記事

最近のコメント

義弟が俳優やってます





月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。