アシュフォードから

今度はロッテルダムに移住、それから・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Valentine Day Classic

「子守しといてあげるからどっか出掛けてきなよ」と言う友達の粋な申し出で今年のバレンタインデーは夫婦二人で外出できることに!

二人だけでの外出は2009年12月、O2アリーナでのP!nkのライブ以来。余りに久しぶりでどこで何をすべきか迷いに迷って、ようやく前日日曜の深夜2時にバービカンでのクラシックコンサートの開催を発見、オンラインで無事に席を確保出来た。

ロンドンシンフォニーオーケストラ(LSO)が拠点としているバービカン、LSOのウェブサイトを見てバレンタインコンサートはやってないと思ってたのが盲点。バレンタインコンサートはLSOではなくロンドンコンサートオーケストラの演奏だった。

当日の月曜日は留守中の子供たちの晩飯やらバタバタと準備しているうちにあっという間に時間が過ぎ、急いで家を出たものの7時半の開演には間に合わず。
でも到着したときがちょうど曲間だったのですぐに入れました。

知らない曲もあったけど、久々の外出&クラシックコンサート、楽しんできました。
とりあえず自分への備忘録として曲目を残しておこう。



席に着いてすぐ始まったのが、これ Grieg "Piano Concerto"


このあとインターバルをはさんで、

チャイコフスキーの白鳥の湖。これは6楽章の長いやつなんで動画は省略。
あの有名なやつですよ。

そのあと、ストラウスの"Roses from the South"
これも聞いたことない曲だったので省略。

それからDelibes "Prelude & Mazurka from Coppelia"

これもはじめ知らないやつだな~と思いながら聞いてたら、聞きおぼえのある曲だった。
2:06以降の部分は知ってるひとも多いんじゃないかな。




そして最後はこれも有名なラヴェル「ボレロ」




最後に最高潮が来るから演目の終わりに持ってくるのにはいい曲でした。
しかしこの曲、小太鼓は最初から最後までずっと同じ音の繰り返しだし、弦のほうも後半までずっとピチカートだし、そのあたり地味なんだけどやはり最後は凄かったです。
ブラボー。



で、これで終わりだと思って一部のお客も席を立ってたんだけど、しばらくしたら指揮者が戻ってきてもう一曲サービス。

エルガーの「愛の挨拶」




さっきのボレロで高揚した気持ちを鎮めるいいエンディングでした。


久しぶりの生クラシック、良かったな~。


ホントなら帰りに軽く飲んで帰りたいところだけど、終電の時間もあるし、駅のM&Sコンビニでスープだけ買ってさっさと帰ってきました。

家では子供ふたりとももう就寝済み。
いやほんとお世話になりました。
お陰様でめちゃ楽しい夜を過ごせました。

たまに子供抜きってのはやっぱりいいな。いないとちょっと寂しいのはあるけどね。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/18(金) 00:26:39|
  2. イギリス生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タコです。 | ホーム | 近所の大学の体育館にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashford0403.blog116.fc2.com/tb.php/472-b1accd0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のつぶやき

Twitter ブログパーツ

プロフィール

モロ子眞太郎&眞嫁

Author:モロ子眞太郎&眞嫁
1999年に転職で渡英。
長くいるつもりは無かったのになぜか在英12年。
職場ヒースロー空港の近くのアシュフォードに住んで8年。日本人は少ないけどいいところ。
2008年8月に待望の長男誕生、続いて2010年11月に次男誕生。
親バカな毎日でしたがここで何を思ったか、今度はオランダ・ロッテルダムに職を見つけて転職。
2011年7月からロッテルダム在住。

最近の記事

最近のコメント

義弟が俳優やってます





月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。