アシュフォードから

今度はロッテルダムに移住、それから・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SMOKE FREE ENGLAND

ウィンブルドンにF1イギリスGP等々、大型イベント盛り沢山のイギリスの夏ですが、今年は大きな変化が。




これ…







「-禁煙- 店内での喫煙は法律で禁じられています。」





そうです、イングランドもスコットランドやアイルランドに続き2007年7月1日からSMOKE FREEとなりました。



SMOKE FREE…私の拙い英語力では「どこでも喫煙可」のように感じられてしまうのですが、そうではなく「禁煙」。
NO SMOKINGということです。


SUGAR FREEは砂糖無添加、ALCOHOL FREEはアルコール分0%、などのような意味になりSMOKE FREE ENGLANDは煙無しのイングランド!ということです。


ルールとしては、一切の閉鎖された不特定多数の人が集まる場所での喫煙不可。
これが原則。


従ってレストランやパブはすべて禁煙。会社や倉庫も然り、空港内等にあった喫煙室も「閉鎖された」というのに引っかかり廃止となります。



仕事帰りにパブで一杯、タバコを吸いながら立ち話…というのがイギリスのアフター5のスタイルですが、これがなくなります。

100年以上の間、タバコの香りが染み付いて茶色になったカウンターを持つ味のあるパブも一件や二件じゃありませんが…これらもすべてこれから禁煙。


これも時代の流れか…。





これが施行されてすぐ喫煙者の出張者が来まして、食事に出掛けたのですがお酒の席でタバコ吸えないってのはつらそうでしたね~。
出張者二人、両方とも喫煙する人だったのでときどき席を外して外にタバコ吸いに行ってましたよ。
これ一人だったら寂しいですよね。

かくいう私はこの法律の施行を前に今年の頭ですっぱりやめてます。
この環境ではやっぱりやめててよかったな、と。



最近はこの法律で炙り出された喫煙者が路上やビルの外でタバコ吸ってるのをよく見かけます。

気候のいい今の時期はいいけどこれが冬になったら……


Miserable!  だよなあ。。。


スポンサーサイト
  1. 2007/07/07(土) 02:14:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<94 @ Buckinghamshire | ホーム | ウィンブルドン詳報>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashford0403.blog116.fc2.com/tb.php/49-bef7a8f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のつぶやき

Twitter ブログパーツ

プロフィール

モロ子眞太郎&眞嫁

Author:モロ子眞太郎&眞嫁
1999年に転職で渡英。
長くいるつもりは無かったのになぜか在英12年。
職場ヒースロー空港の近くのアシュフォードに住んで8年。日本人は少ないけどいいところ。
2008年8月に待望の長男誕生、続いて2010年11月に次男誕生。
親バカな毎日でしたがここで何を思ったか、今度はオランダ・ロッテルダムに職を見つけて転職。
2011年7月からロッテルダム在住。

最近の記事

最近のコメント

義弟が俳優やってます





月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。