アシュフォードから

今度はロッテルダムに移住、それから・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トコジラミ(南京虫)との闘い・・・その後

ロッテルダムのきれいな写真はまた今度。まだ闘いが続いているので。
それにこっちの話のほうが読んでるほうも面白かろうよ。


さて、南京虫というのは俗称で本来はトコジラミというらしい。
ので、ここでもトコジラミと書く事にする。


こいつらに未だに悩まされている。
前回記事を書いたのは8月4日(木)、その時に一日一匹見るかどうかと書いたが、殺虫剤を忌避して一時的に避難していただけらしい。

先週の土曜日に天気は悪かったがロッテルダムの街を散策し、夜は上司のお宅に招かれて焼肉を堪能した。
上司宅からはトラムで10分の距離、ほろ酔いで帰宅。その日は暖かく半袖で外出していたが、部屋に窓がひとつしか無く風の通りがあまり良くないことと、あとやはり窓を開けっぱなしで寝ることにも抵抗があったので、タンクトップに短パンで就寝。

ええ、もう完全に油断してました。



翌朝起きると体が大変なことになってた。



もう写真載せちゃいますよ…


アシュフォードから 今度はロッテルダムに移住それから・・・
(クリックで拡大。気持ち悪いので見たい人だけどうぞ)

タンクトップだったので肩とかまで全部こんな感じ。両足も。

そして痒い・・・耐性あるんじゃなかった?



しかし今までの駆除で相当個体数は減ってるはず。これはこの一晩で咬まれたものじゃないのか!?


その日曜日はかなり凹んでた…暖かい日だったけどちょっと半袖で外には出れないし。


よくよく調べてみると、初めて咬まれたときには症状が出ないらしい。
最初の被害で体に抗体が出来、次に咬まれたときにその抗体が反応して腫れたり痒みが出たりするらしい。

しかし、ウェブ上の情報では蚊の比じゃないぐらい痒く、夜も寝られず不眠症に陥るぐらいらしいが、そこまでではない。

結局日曜日は一日中部屋の掃除、殺虫剤撒きまくり。
寝具一式とマットレスもカバーを外して洗濯し、さらにベッドをくまなく調べた。マットレスを上げてみるとパイプ状のフレームに潜んでる可能性大。ここまでは徹底してなかった。

ドライヤーを買いに行き、パイプに熱風を送り込む。さらにピンノズル付きのゴキブリ用殺虫剤を噴射。

そして新手がベッドに来れないように、ウェブ情報を参考にして足にカップを履かせて粉末殺虫剤を入れ、さらに両面テープを巻いた。

アシュフォードから 今度はロッテルダムに移住それから・・・


これでもうベッドには居ないだろうと思ったが今週は長袖Tシャツに長トレパン、靴下で寝る。


月~水は新たに咬まれたのか前の腫れなのかよく分からなかったが、水曜夜には右手のひら、木曜夜には右手薬指と左手人差し指、金曜夜には首の3箇所をまた新たに咬まれてるっぽい。

金曜朝にはベッドの上に血を吸った超小さいやつを一匹発見、土曜朝にはベッド下に超小さいやつ一匹、また洗濯するためにシーツをはがすとそこにも超小さいやつを一匹発見。
どれも産まれたてのようなやつだが、皆吸血済みで潰すとティッシュに血が付いた。

そして週を通して夜になると壁に親虫も時々見かけた。


いろいろ試してみたがウェブ上の情報通り、殺虫剤耐性を身に付けてるらしい。
前にハエ蚊用の殺虫剤があまり効いてないのは分かってた。しかし、ゴキブリ用のやつも直接噴射し、泡で動けなくなったものを生け捕りにしてカップに入れて様子を見てると、全然効いてない!

そう、最近は見掛けても殺さずに生け捕りにしてカップの縁にセロテープを貼って逃げれなくしたものに入れて観察している。

しかしゴキブリ用の殺虫剤が効かないとは…おそるべしトコジラミ。


洗濯して死ぬのか、乾燥機に入れて、死ぬのか?
これも実験したいが、どうもいい方法が無く、不明。

アイロンで死ぬのかを検証。
ティッシュに挟んで一秒アイロンをあてると親虫も死んじゃったので、寝具はマメに洗濯してアイロンを掛けてからベッドメイクしている。


今日土曜日も部屋の隅から隅まで掃除機を掛け、寝具を洗濯して近くのコインランドリーに乾燥させに行ってきた。

とにかく餌(血)をやらずに餓死させることだな…。
そして子虫のうちに殺す。

親虫は吸血しなくても3ヶ月ぐらい生きるらしい。
カップに生け捕りにしたやつらもまだ全然生きてるし。

長い闘いになりそうです。

こんなにマメに洗濯・掃除をすることなんて人生ではじめて。

スポンサーサイト
  1. 2011/08/13(土) 19:13:33|
  2. オランダ生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<PERFECT - P!NK | ホーム | ロンドン暴動のこと>>

コメント

余裕で1年吸血していなくても成長が遅れるだけで死なないそうですよ。
大変そうですね・・超遅レス
  1. 2013/01/23(水) 07:30:32 |
  2. URL |
  3. あゆーにゃ名無し #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashford0403.blog116.fc2.com/tb.php/521-3fc0e77d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のつぶやき

Twitter ブログパーツ

プロフィール

モロ子眞太郎&眞嫁

Author:モロ子眞太郎&眞嫁
1999年に転職で渡英。
長くいるつもりは無かったのになぜか在英12年。
職場ヒースロー空港の近くのアシュフォードに住んで8年。日本人は少ないけどいいところ。
2008年8月に待望の長男誕生、続いて2010年11月に次男誕生。
親バカな毎日でしたがここで何を思ったか、今度はオランダ・ロッテルダムに職を見つけて転職。
2011年7月からロッテルダム在住。

最近の記事

最近のコメント

義弟が俳優やってます





月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。